ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある団地の見学会

2010年10月17日 23:20

赤羽台1

先日、とある団地の見学会に行ってきた。
おそらくメディアにはまだ出ていないと思われるので、
特定されない程度にご報告。




赤羽台5


元々はこの土地の全てがこんな感じの建物だったと思われる。
この写真は建て替えられていない部分。
老朽化に伴い、建て替えを順に行っているところだろうね。
こういう団地って、東西方向に縦長に建てられて、
一定の間隔を保って、均質に並べられてる、少し前に流行った形式なんだけど、
こうやって見ると、ものすごく異様な光景だよね。。。


一緒に行った人は、
「中国みたい」
って言ってたけど、
老朽化しているということもあり、
ホント、そんな感じだった。


中にはこんなのも。


どーん
赤羽台2


こちらは最近流行のゴミ屋敷。
ヒドイね。。。


こういう現状だからこそ、建て替えなくてはならないんだろうね(笑


まあ、そんなことより、見たいのは新築の方だよね。


どーん
赤羽台6


どーん
赤羽台7


複数の建築家が関わっていて、何棟かあるんだけど、棟によって担当が異なる。
そのため、若干、雰囲気が違ったりする。


どーん
赤羽台3


これはとある部屋のベランダなんだけど、
こういう白い壁に青い空って、
なんだか反則的に美しいよな~なんて思ったり。


次はこちら。。。


どーん
赤羽台4


一番面白かったのはこちら。
大きな面積と高さが無いと見られない光景。


エキスパンションジョイント。
建築関係の人なら皆知ってるんだけど、
大きな建築で、形状が不整形だったりすると、
地震力を伝えないために構造的に切り離したほうが楽な場合があって、
そのときに使うもの。


んで、この写真。


上に行けば行くほど、エキスパンションジョイントの間隔が大きくなってるでしょ!
これって、上のほうが大きく揺れるからなわけよ。



ちなみに内部を見学した感想はと言えば、
お金をかける所とそうでない所とのメリハリがあって、
個人的にはそういうのは良かったかと。
人によっては、ハリボテみたいで嫌なのかもしれないけどね。


んでもって、部屋によっては、思いっきり梁が出ているところがあるんだけど、
逆に言えば、梁型を出さないことによって天井高が下がるより、
気持ちのいい空間が出来てた気がする。


まあ、こういう団地なので、設計で遊べる部分は少ないし、
コストもシビアなので、そこまで面白みは無いかもしれないけど、
その中で努力している建築家たちが出した解は勉強になる。

関連記事


コメント

  1. タッカー | URL | Ooj.TVfs

    ん~

    なんか見たことある仕様があるような気もしますが、誰の設計なのか分かりませんね(^^;)

    ちなみに、先日学校の地域デザインの先生が言ってたんですが、あのマンション群とか団地における棟間の一定の距離感っていうのは21m(だったかな?)を基準作られているらしいです。なぜ、21mかというとお向かいさんを見たときに「人が何かしてるのは分かるけど、具体的に何してるかとか、詳しいとこまではよく分からん。」っていう距離なんだそうです。

    ホントだろうか?(笑)

    長文失礼しました。

  2. yuya | URL | ZtyhQPTk

    ん?
    もしかしてここは自分の実家の近くでは?w

    京浜沿線のあそこですか??

  3. ちゃっぷ | URL | -

    >タッカーさん

    設計はシー○カンスさんやら、NA○CAさんやら、
    意外と有名どころです。
    21mってのは初耳です!
    写真からもだいたいそんな距離ですねー。


    >yuya氏

    京浜も通ってたかも。
    通称、レッドウィング駅。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/85-6d24a67c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。