ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[映]アムリタ

2010年09月05日 07:28

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
野崎 まど
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 139363


サクッと読める面白かった1冊。
ということでご紹介。



私はあまり小説を読まない方だと思う。
小説を読んだところで、
基本的には知識を得られるわけでもなく、
役に立つこともない。
つまり、私にとっては単なる娯楽。


だからこそ、
現実には起こり得ない物語を体験したいし、
現実には起こり得ない驚きがほしい。


例えば、殺人犯が登場人物の中にいて、
どんなに巧妙なトリックを使おうが、
「犯人は○○でした~」なんて結末の物語は物足りないわけ。
もっと別次元の衝撃を用意してくれよ!
と思う。


そんな欲望を満たしてくれるのが本書。


本書は、映画を作成する学生たちの物語。
ただそれだけ。
それだけの物語なんだけど、
それだけでは終わらないわけ(笑


驚きがあるという事は、
明確な伏線があって、
それを拾っていくというストーリーとは少し違う。
かといって、突拍子も無い滅茶苦茶なストーリーでもない。


起こったことの全てを説明しきっているわけではないが、
私にとっては丁度いい位の余白だったりする。


まぁ、とりあえずは大学生の映画制作青春ストーリーと考えていただければと。
会話のやり取りも結構楽しかったりする。
おすすめ。



メディアワークス文庫賞受賞作。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/69-02ce2cd6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。