ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトリエ系構造事務所4ヶ月目雑感

2010年08月02日 01:38

実は、前回話した物件とは別の物件を担当させてもらえることになり
しかもその設計期間があまり取れないということで、
7月はそれなりに慌しい1ヶ月だった。




とある住宅を担当させてもらっているわけだが、
住宅といえどもなかなか難しい。


ただでさえ設計するための基本をマスターしてないのに、
うちの事務所に依頼してくる物件は大抵ややこしい構造ばかり。
私が担当させてもらっている物件も同様。


というか、見た目は全く構造的に無理してる感じはしないのに、
よくよく見てみると上下階でほとんど壁が連続していなかったり、
わずかに耐力壁とみなせる壁も偏った配置になって偏心率がものすごいことになってたり、
んでもって、階高がそれほど高くないのに梁を出したくない言われたり。。。


建築家の方によってはかなり構造も考えてる場合もあって、
そうすると、無理な構造でも比較的合理的な方法で解決したりするのだけどね。。。


まあそんなこんなで、梁を居室に出さないような設計をしてたのだが、
つい最近、
「仕上げの都合上○階の梁は出すことにしました」
などと言われる。
でも、逆に私の方が納得できなくなって、
こっそりと1日かけて梁が出ないように検討をしたりして。


サービス業とは少し違うかも知れないけど、
結局は住む人に喜んでもらいたい。
そのためには建築家が理想とする空間を実現させたい。
即ち建築家を喜ばせたい、という思いが自然とはたらいたわけで。
(かなり無理な構造なので、若干怒られた感はあるが)


今回の設計を通して、
あまり構造のことを考えていない提案を
なんとか無理矢理にでも成立させるために工夫をする
というのも1つの醍醐味なのかな、などと感じた。


。。。


ちなみに、
「なんとか梁を出さないようにできました!」
と意匠に報告し、喜んでもらえたのだが、
その数時間後、


。。。


。。。


「お施主さんの気が変わって大幅に変更になります!」


と言われ、今までの計算がほとんど無駄に。(←イマココ

関連記事


コメント

  1. dai | URL | -

    この間は飲み行けなくてすみませんでした!

    自分も現在は超高層住宅の二次部材の設計や
    杭の概算をやらせてもらってます。

    毎日、自分自身と闘ってますわ(笑)

    あ、1級建築士は来年再チャレンジになりました。
    ちゃっぷ君に負けないよう、日々精進したいと思いやすー。

  2. ちゃっぷ | URL | -

    >daiさん

    いえいえ。
    また近いうちにでも!

    超高層の物件に早くも携わることができるってのは羨ましい!
    地盤関係は難しいよねー。

    ってか、建築士の試験も難しかったッスよねー(笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/56-eba67b87
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。