ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパの旅~フランス編1~

2010年05月15日 03:31

3月13日


スペインからフランスの移動日。
空港までの電車がなかなか来なくて、
しかも、来た電車が空港に行くのかどうか分からない中、
近くの人に恐る恐る尋ねたら。。。






シカト。


まあ、確かに、突然英語で話しかけられたら、
日本人も大抵はスルーするかもね。
しかたない。


そんな中、近くにいたおばちゃんが、
この電車は空港へ行かないよ~
と優しく教えてくれた。


スペインにもいい人っているもんだな~
なんて思いつつも、
この電車に乗れないって事は、ますますヤバイじゃねーか!
ということでオドオド。


その電車が出てから10分後くらいに来たのでよかったけど、
かなりギリギリ。


と言っても、電車の中では写真を撮ったり。


どーん
バルセロナ



バルセロナの建築だけど、
建築の人は何の建築だかわかるよね。
先月の新建築か何かにも載ってたし。


そんなこともありつつ、空港到着。


どーん
バルセロナ空港(たぶん)


ちなみに、超ギリギリだったので、
荷物の重量を量るところで、
「この便に乗らなきゃいけないんだけど」
みたいなことを近くのスタッフに言ったら、
ギリギリすぎて笑われたよね(笑
んで、行列の中をVIPの如く抜けていき、
無事に間に合ったわけである。


。。。


ということで、フランス到着!


まずは腹ごしらえ!
と言うことで、空港の軽食屋でお昼ご飯。


どーん
フランス初食事


フランスパン、メッチャかたいよ!(笑


どのくらい硬いかと言うと、
口の中が切れてしまったくらい(笑


そんなアクシデントもありつつ、
ホテルに向かう。
通常、ERE(だっけ?)っていう鉄道を使ってパリ市内に行くんだけど、
スペインでのこともあって、
少し高いお金を払ってでも安全なルートで行こう!
ということで、エールフランスのバスを使ったビビリちゃっぷ。


海外では安全ってのは高いって事を認識した瞬間でもあった。


んで、ホテルに着いたら、ビックリ!


「いっぱいだから、今日だけ別のホテルに行ってくれ!」


との事。
おいおい、どんだけルーズな国民だよ!
と思うと同時に、いい加減な僕はその国民性に惚れる(笑
しかも、

「うちは2つ星だけど、紹介するところは3つ星だから全く問題ないぜ!」

みたいな事を自信満々に言ってる。
なんか、よく分からないけど、少し歩いて紹介されたホテルへ向かう。


んでその3つ星ホテルがこちら。


どーん
フランスホテル1


ん?


トイレをあけてみると。。。


どーん
フランスホテル1-1


ん?


2つ星のホテルのクオリティーが心配になってきた(笑


。。。


まあ、せっかくパリに来たことだし、
チョット散歩。


どーん
セーヌ川


有名なセーヌ川ってやつ?。。。
別に綺麗ではない(笑


そして川のすぐそこ。


どーん
パリの


こっちは有名なゴシック建築のやつ?。。。


この足元にはこちら。


どーん
パリno


これは有名な何からしいけど、なんだっけ?。


ってか、要は全部何かよく分かっていないということだね(笑
でも、唯一分かったのはこちら。


どーん
ガラスピラミッド


ピラミッドの下までならタダで入れちゃう。
ということで、逆さピラミッドなどを見学して、(また行ったのでそのときに載せる
夕食へ!


。。。


実はこの日、
ヴェルヴィル大学(←あってる?)にいた後輩(日本人)と飯でも食おうと約束していた。


ちなみに、スリなどを恐れていた僕は、


「18時にポンピドゥーセンターの前でどうですか?」
と言われ、
「18時って危なくない?」
などという、とてつもないビビリ発言をしいたのだが、
「どんだけ危険な街ですか!?」
と笑われることになるのであった。


なお、このとき、後輩はもう一人男を連れてきていて、
「なぜ女のコを連れてこないんだ!!」
と激怒しそうになったが、
彼は芝浦工業大学の建築学科で卒業設計1位の成績を収めた優秀な人らしかったので、
彼が建築家になったときに、僕に構造を頼むよう懇願しておいた。
こういうのは女のコより大切だからね。


食事は、先ほど載せたゴシック建築から川を渡った所の
路地のようになった場所にあるレストラン街。(だった気がする
ヴェルヴィルの現地学生曰く、安くてうまいらしい。


ということで、行ってきた。


どーん
エスカルゴたち


どーん
肉たち


どーん
デザートまじうま


おいしいお食事。
建築トークに花が咲く。
パリでは日本と設計の仕方が全然違うらしい。
「日本だと、まずはプランを考えて…ってのが多いけど、、、」
などのお話を2人から聞く。
すごい刺激的だ。


やっぱり、女のコより、男の野望のほうが大事でしょ!



でもついでに、ヴェルヴィル大学にいた日本人の女のコについて聞いたら、
「ちゃっぷさんのこと知っている人もいましたよ」
ということを聞いて、
「なぜその女のコを連れてこないんだ!!」
と激怒したのであった。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/45-a77b5846
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。