ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトリエ系構造事務所1ヶ月目雑感

2010年05月13日 02:30

なんだかんだで1ヶ月半。
事務所がバレない程度に感想でも。




最初の半月は、


図面の修正
2次部材の設計


のみ。
とは言っても、小梁と普通のスラブだけではなく、
ボイドスラブや軸力のみを負担する柱の設計だったり、
比較的楽しんでいた。
(久しぶりにmidasも使えたし。


しかし、これらの計算、
実を言うと、学部時代に所属していた事務所で、
全てやったことがあった。


ここで僕が言いたいのは、
「オレ、こんな計算とっくにやったことあるぜ!」
などということではなく、
「やったことあるはずなのに、僕の脳は完全に忘れ去ってくれてるぜ!」
ということ。(笑


1番最初に書いた計算書がごく普通のスラブの計算書だったのだけど、
1枚書くのに半日近くかかった(笑

勿論、その後は一気に量産したけどね。(笑



ということで、雑用などもありつつ、
計算書に少しずつ慣れていった前半。


んで、1ヶ月目の最後の1週になった時、
「じゃあ、この計算書1人でまとめて」
と、2階建ての物件を渡される。
ただ、部材断面は決められていたので、
構造設計ではなく構造計算といったところ。


荷重拾いから始まり、
2次部材の計算。
本体を解析したら、
その結果から、接合部や基礎の計算。
そして擁壁など。。。


これらの計算が、昨日(5/12)出来上がり、実質9日間。
修正のことも考えると、今日を含めて10日。
ベテランの人なら2日で終わる内容らしいが、(簡単な物件なので
最初なので物凄い時間がかかった。


しかしこれはもう、仕方のないこととして、
先輩方には我慢していただきたいところ。(笑
「新人が使えない」という事実は新人も認識しております。


ホント、この1ヶ月半の感想を一言で述べれば、
「仕事できないのに給料もらってすみません」
という事。これが1番初めにくることは言うまでもない(笑


また、計算の内容について感想を述べれば、
どの計算のルールも、とても基本的な力学に基づいているということ。
その計算の力学的根拠を探すのに時間がかかったのだと思う。
ただ、基礎の構造は滅茶苦茶難しかったね(笑



この9日間はすごい勢いで設計の知識が入ってきて、超刺激的に過ごせた。
今は計算をするということでいっぱいいっぱいだけど、
これらの知識をツールとして使いこなせて、
さらにもう一歩踏み出して、建築に対して思考することが可能になれば、
さらに仕事が楽しくなるだろうな。。。



などと感じつつ日々精進。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/43-b9172389
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。