ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天工人(テクト)流―仕事を生み出す設計事務所のつくりかた

2009年09月22日 23:16

天工人(テクト)流―仕事を生み出す設計事務所のつくりかた
山下 保博
彰国社
売り上げランキング: 201594

本書は、ほとんどの場合、「建築」という分野にカテゴライズされているが、
あえてここでは、「ビジネス」という分野にカテゴライズしたい。
というのも、本書は唯一の、“人気建築家が書いた事務所経営に関する書物”だからだ。

天工人が劇的に知名度を上げたのは、
project1000という1000万円代で家を建てるという企画だ。
或いは、構造家との多くのコラボレーションによる魅力的な数々の作品も、
多くの人間に天工人という存在を知らしめた。
その後は、建築の人ならご存知の通り、
住宅特集の別冊にも特集されるほどの注目される建築事務所。


そんな事務所のボス、山下さんが、
それらの成功までの日々を綴るが、それはよくありがちな自慢話ではない。
(よくありがちな、苦労話はあるが笑)
事務所を成功させるまでのストーリーが、かなり具体的に述べられている。
もちろん、事務所を活性化させるための仕事術などについても書かれている。


それだけではない。
保険、契約、特許、弁護士、などなど、
人気建築家からは絶対に聞けないようなことを、
具体的に聞くことができる。


建築家としてだけでなく、
ビジネスとしても成功させた山下保博さんの、
「How to本」と言える。


少し、アウトローな手法ではある気もするが、
普通の人間と同じ事をやっていても・・・ということだよね。
独立する建築系の人は、絶対に読むべき1冊。
関連記事


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/3-4bffecfd
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。