ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクをしないと成果は出ない

2009年11月25日 03:24

ラクをしないと成果は出ない
日垣 隆
大和書房
売り上げランキング: 13855

「ラクをしないと成果は出ない」
という不真面目な印象すら受けるタイトルに反して、
内容は至って真面目。



本書はアイディアを100項目挙げ、
それを解説している。
その多くは、ビジネス書でよく見るものなのだが、
所々、初見のアイディアもある。


例えば、僕が1番良いと思ったのは、
「やらないことリスト」をつくるという事。(54項目)
普通、To-Doリストをつくり、やるべき事をリストアップするわけだが、
目的が明確化され、効率的にはなるのだけれど、
それだけだと、その目的に向かう途中に、明らかに余計な作業が含まれる。


例えば僕の場合、やるべきことをリストアップしていっても、
どうしても、気づくとネットサーフィンしていたりする。
つまり、僕のやらないことリストにネットサーフィンなど無駄な行動を挙げ、
やらないという行為を実行できれば、
To-Doリストを実行するというだけの目標より、確実に効率化する。
なにしろ、To-Doリストは、そこに挙げようが挙げまいが、
やるべきことはやらなきゃいけないという事に変わりはない。
勿論、あるに越したことはないが。


もうひとつ例を挙げれば、
新しい発見ではないが、激しく同意できる項目。
会議は一企画につき二度だけで終える(71項目)
という事。
僕は、会社を設立するにあたって、どういったシステムにすれば良いかという事を常に考えている。
特に会議というものは、会社の進路を左右する重要な1つだと思うが、
ダラダラ長くやっても意味がないし、繰り返し同じ事をやっていても、
あまり意味がないように感じている。
その思いが文章化されたものを見ると、間違っていなかったんだな、という思いと、
実行に移すための後押しとなってくれる。


本書は、すべてにおいて正しいことを書いているとは思わない。
しかしそうだとしても、100項目も挙げられており、それらのすべてを再考することには
大きな意味がありそうだ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/22-472f2f86
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。