ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月後半あたりの日記

2011年12月10日 04:26



また記録し忘れた。
ということで、ザックリ11月中旬以降を振り返ってみる。




11月14日(月)


とあるオープンハウスに向かう。
本来のオープンハウスは別の日に行われていたのだけど、
うちの事務所の人たちは海外へ行っていたということで、
他の人たちとは別に見学の機会を設けてもらった。


その見学させてもらった建物は、
上司がかなり苦労して設計した物件だったんだけど、
苦労しただけあって、ものすごい良い建築ができていた。


奇抜な形態とかではなく、
洗練されているというか。。。
わかる人が見ると、構造もそれなりに難しい事になっているんだけど、
その構造的な難しさによる主張が謙虚で、建築の美しさを邪魔していないというか。


まあ、写真無しで何言ってもよく分からないと思うので、
いつか、google+か何かに限定してアップしたいとか思っているのだけれど。
(如何せん、まだ使い方を理解していない


というか、新建築に載るって言ってたのでそれを見てくれればいいと思う(笑


んで、その意匠事務所とは私も別物件で関わっていたので、
意匠の方々との飲み会に出席させてもらった。


共通の話題は建築しか無いので、必然的に建築トークになるわけだけれども、
そういう飲み会って最近ほとんど無かったからすごい楽しい一時であった。


そして、この日、鍵を落とした。


すごい悲しい日でもあった。



11月中旬


12月中旬に提出予定の物件の計算書をさっさと完成させてしまおうと思い、
95%くらい完成させていた。
そんな矢先、
「予算が合わないので提出は延期」
との連絡が。


元々、今年5月頃に提出予定だった物件なのに、
半年以上も遅れてしまうわけで。。。
まあ、ちゃんと建ってくれればいいけど。。。



11月19日(土)


来年入社予定の野郎と飲むなど。



11月25日(金)


注文していたグレー本こと木造軸組工法住宅の許容応力度設計が届く。


どーん
木造軸組工法住宅の許容応力度設計


これ、書店で売ってないから、
注文するのが面倒でずっと買ってなったんだけど、
やっと購入(笑


ちなみに、あて先の名前とか、領収書の名前とか間違えていやがった。
まったく、失礼な奴らだぜ。



11月26日(土)


自分が担当した物件のオープンハウスだったので、
高速バスで少し遠くへお出かけ。


自分が担当した物件が完成したのを見るのは初めてで、
それによる補正がかかっていた事は否めないけど、
とにかく、すごい綺麗な住宅だった。


「若干無理をしたかな~」ってくらいに思っていた軒が、
思っていた以上に出ていて、
それによる様々な意匠的効果が、建築としての魅力を引き立てていた。(はず


そして、「かなり無理したな~」と思っていたところが、
思った以上に無理している感じじゃなくて、少し残念だった。
その無理している箇所がこの建築のウリだと思っていたから(笑


まあ、これも写真が無きゃ何言っているのか分からないだろうけど。


これはメディアには出さないそうなので、
先ほどと同様、何らかの形で限定公開できたらと思っている。


(というか、見られる人を限定すれば、アップするのって問題ないよね?)



11月後半(その1)


来年の手帳を購入した。


どーん
モレスキンデイリーダイアリー


結構悩んだんだけど、
モレスキンのDaily Plannerにした。
去年まではラージサイズを使っていたんだけど、
少し重いというのと、そこまで毎日書き込まないということもあって、ポケットサイズをチョイス。
まあ、他の手帳で使いやすいやつとか沢山あると思うんだけど、
「どうしてもハードカバーで残したい」、「できるだけ安いものを」ということから採用された。





ちなみに、モレスキンって、
Amazonの洋書で買うと和書の半額くらいだったりするから、
結構買ってる。



11月後半(その2)


保有水平耐力計算になると思われる壁式集住のモデル化に本気を出し始める。
ここでやはり疑問に思ってしまうのは、midasの「自動計算」ってやつね。
自動計算されるせん断ひび割れ強度なんか、何を根拠にしているのかサッパリ。(今日、少し探しただけだけど
全て日本の基準を使ってくれればいいのに、変にACIの基準を採用していたりしているのも謎。


まあ、そんな事言うんだったら自動計算使わなきゃいいじゃないの!って話でもあるんだけど、
復元力特性なんか、自動計算が使えるところは使わないと、作業量がとんでもないことになる。
いや、使っても作業量が半端じゃないんだけど。
住宅規模だったら全然余裕だったかもしれないけど、チョット泣きたくなるレベル。



そんな感じで、現在も頑張っているわけよ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/149-447ff199
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。