ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1級建築士準備講座「施工基礎1」

2009年10月22日 03:27

昨日に引き続き、
全日本建築士会の準備基礎講座DVDの1枚目。
「施工基礎1」を見ました。


まず、最初の40分程度は、
心構えだったり勉強法だったりで、内容的には薄いものだった気がします。


その後、配られたプリントで建築される過程を大まかに解説。


SN3J0413.jpg
現場の知識が不足している僕にとって、
テキストだけでなく、ビジュアルで解説されると分かりやすいです。


しかし、若干ですが、無駄な話も多く、
前回の構造と同様に、テキストの問題を解いていました。
(しかし、なかなか難しい)


プリントの話が終わると、
テキストに沿って話が進め始められましたが、
基礎講座という事で、広く浅く教えたいためか、
進み方が早すぎて追いつかない。
現場の専門用語が当たり前のように使われる。。。
そんなんだったら、最初の40分を有効利用してほしいと思ったりしました。


内容は、地盤関係がメインで、そこに工程計画や仮設工事などの話が加わった形でした。
テキストの範囲で言えば、4分の1くらい進んだことになります。(約90分で
かなりザックリです。


しかし、話によると本講座で詳しくやるそうなので、
全体的に覚えるべき知識を認識するためには、良い講義だと思います。


最後に、ネットワーク工程表の問題を解いておしまい。


SN3J0412.jpg
基本的ですが、2級建築士でやったことを思い出させてくれます。


工程表のフリーフロートやトータルフロートの解説は分かりやすかったです。
市販の建築施工の参考書に書かれているものだと、よく分からなかったし、
ものによっては、かなり複雑な式で求めようとしているのですが、
かなり簡単なことが分かりました。



ちなみに、1級建築士の過去問を解いた感想としては、
2級建築士の問題より、かなり難しく感じました。
プロとしての現場経験が無い僕にとっては、
2級でも細かい事柄を覚えることに苦労したのですが、
さらに細かくなっており、施工は1級でもネックになりそうです。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/13-acb86a0a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。