ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事で使える!「Twitter」超入門

2009年10月20日 05:14

仕事で使える!「Twitter」超入門 (青春新書INTELLIGENCE)
小川 浩
青春出版社
売り上げランキング: 2103

建築家で使っている人も少なくはない。
大手企業も利用を始めているtwitter。
これをビジネスに活かすにはどうしたらいいのか。

1.なぜtwitterが注目されているのか?
2.twitterならこんなことまでできる!
3.たった「140文字」であなたの仕事が変わる!
4.客をどんどん呼び込むtwitterビジネス
5.twitterが世界を変える!


twitterの基本的な仕組み、
ビジネスにおける利用例、
twitter開発側から見たビジネスについて、

といった視点で書かれている。


どんな人、或いはどんな企業が、
どのように使っているか。実は意外と知らない。
海外では、多くの有名人が使用しており、
オバマ大統領も選挙活動に使用していたという。
日本でも広瀬香美さんが使っているのは有名だ。
企業だと、デルなども利用しているようだ。


ここまで利用範囲が拡大されるのにはわけがある。
1つに、リアルタイム検索が画期的だったのである。
このリアルタイムというものがブログやSNSとは違った存在として、
ビジネスのチャンスを生む。
例えば、航空関係におけるキャンセルを埋める役割としての利用法だ。(本書参照


このリアルタイムが可能になったのは、140字という手軽さに他ならない。
僕としては、twitterの最も画期的な制限だと言える。
ブログだと、それなりの内容を書かなくてはならないというハードルから、
更新頻度が低くなってしまう。
しかし、140字という制限は、ブログにあるその要求を抹消している。
それ故に、内容の薄い些細なつぶやきが多くなる。
勿論、140字は意外と長いので、中身の濃い有用な情報もあるが、
僕は、この些細なつぶやきこそ、ビジネスチャンスが潜んでいるのではないかと考えている。


ネット社会という、どこか人間味の無くなった世界で、
かつての人間対人間の営みに存在した現実社会における人間臭さを
twitterでは出すことができる。
140字という制限が、些細な事をつぶやかせるのだが、
些細な事であるが故に、ブログなどのある程度の形式を要する媒体では綴らなかった人間臭さが
twitterでは出てしまうのだ。


多くの消費者は、物・サービスの提供側がいかに健全な存在であるかが
重要な判断材料の1つとなる。
twitterによる人間臭さの表出が、消費者に健全さを如実に示すことになる。
勿論、実際に健全さが備わっていなければこの点に関しては意味の無いツールとなってしまうが。


本書にも書かれているが、
twitterにより成功している例は数多くあるが、
万能ではないと言うことは認識しておかねばならない。
あくまでツールの1つとして活かす事が重要である。


簡単ではあるが、twitterを使うにあたってのルールも記されており、
まだ使ったことの無い方、使い始めて間もない方にはオススメの1冊だ。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/11-7a40a493
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。