ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震

2011年03月12日 03:29

東京にいたが、かなりの揺れを感じた。
RC造でこんなに変形するとは思わなかった。




小さな揺れから始まり、突然揺れが大きくなたので、
天井まで積み上げられた過去の計算書を慌てて手で押さえるという
なんともデンジャラスなことをしていたのだが、
窓の外を見ると、目の前のRC造の建物が恐ろしいほど揺れていた。
層間変形角1/200?
そんなレベルじゃなかった。
イメージとしては釣竿をぶるぶる震わせたときの動きのような。。。


あの動きを見たとき、建築というものがものすごく原始的なものに感じた。
最近では免震、制振なんて技術もあるけど、
もっと安全を強化するような進歩をしてもいいんじゃないかって思うよね。


とは言っても、帰るために20km近く歩いたんだけど、
地震が建物に影響を及ぼしたと思われる形跡はほとんど無かった。



あったと言えばこれくらい。


SN3J03480001.jpg



しかも、非構造材。
躯体自体が損傷している様子は見ることができなかった。
(これは躯体も壊れているのか?


また、東京に関して言えば、
建築にかかわるインフラ(ガス・電気・水など)も止まっていない。
だから建築としては十分に機能しているといえる。
日本の技術は素晴らしいね。


でも問題だったは交通インフラ。
べつに、線路が壊れたとか電車が脱線したとかいう話ではない。
少なくとも現時点ではそういった話は聞いていない。
何が問題かって、安全であることを確かめる手段が確立されていない、
というかものすごくアナログということだよね。
もう少しそこらへんにコストを割いていい気がするかな。


でも、それとは別に、
仕事をしている人が、交通インフラが機能しなくなった時でも
帰宅可能なシステムの形成が重要であるように思う。


それは単純な話、オフィスと住居の距離を意識した建築計画、都市計画が
もっと実現されてもいいんじゃないの!?ってこと。
正直、働く場所が安全で、帰る手段もある、という状態なら、
普段と異なるのは「揺れている」という状況だけだよね。


まぁ、揺れていたら気持ち悪いけどね(笑




ただ以上の話はあくまで東京の話であって、
震源地付近はそうもいかない。


私たちは極稀地震(おそらく震度7程度)に対して
倒壊しなければいいという思想で建築を設計している。
つまり、コンクリートがパックリ割れて鉄筋が見えてしまおうが、
人の命が守られればいいのだ!っていう考え。



まあ、実際は色んな安全率が考慮されていたり、
ギリギリの設計じゃなかったりで
そこまでひどい状況にはならないと思うけど、
とりあえず震度7程度の地震に対して、塑性化は想定しているわけだよ。


ちなみに塑性化ってのは、例えば直線の針金をペコって折り曲げた時、
直線には戻らず、折曲がった形のままになること。
折れてるけど、切れてないでしょ!みたいな。

でもその針金も、何度も折ったり直線に戻したりを繰り返せば、
いずれは切れてしまうわけで。。。
それは建物で言う倒壊ってこと。


つまり建物も震度6なんかが余震で続いちゃえば、
ポキッといっちゃうかもしれないよ!ってことが言いたかったんだよ。



大きな地震を体感して思ったのは、
本当にそれでいいの?ってこと。



ってか、そもそも極稀地震が起きた時に余震が続くことを想定した設計手法なのか?。。。
よく分からない。


結局のところ、自分の知識不足を実感するところに落ち着くわけなんだが、
(全てを理解したところで不安は増すだけかもしれないが笑)
今まで以上に仕事に対する真剣さが増したということだけは揺ぎ無い事実である。


関連記事


コメント

  1. こゆき | URL | -

    お久しぶりです(>_<)
    東京かなり揺れたみたいですが、無事でよかったです(>_<)

  2. かなた | URL | CjlWd7YA

    初めまして

    自分は建築系大学の今年度から2年になります

    今 自分が何をしていいのかわからない中このブログを見つけて読ませてもらいました。
    このブログでみた本も買って読んで見ようと思います。

    地震 無事でなによりです

  3. がちゃ | URL | -

    ご無事で良かったです!!

    地震のとき、法改定あるのか気にしてしまって、自分の不謹慎さにひきました。。

    都市計画はやっぱり、重要やと改めて思いました。
    帰宅難民、公園の重要性…

    卒計で医療系やりたいと思ってたんですが…
    今回の地震は建築学生に影響与えてると思うので、
    みんなとその話をしたいです。
    今後、どうなるのか…

  4. Caaytea | URL | MMIYU.WA

    ご無事で何より…。

    >でも、それとは別に、仕事をしている人が、交通インフラが機能しなくなった時でも帰宅可能なシステムの形成が重要であるように思う。

    職種が全く違うのでなんとも言えませんが(私はカフェスタッフ)災害対策マニュアルが意外にも社内にないことが判明し(苦笑)
    スタッフ達のためってのはもちろん、お客様のためにもマニュアルの形成は大事だなぁ…と痛感しました。

    私ももっと仕事頑張ろうと思いますっ><
    ただしパニくらず落ち着いて!笑。

  5. dai | URL | -

    お久しぶりです。
    無事で何よりです!

    それにしても揺れたねー。
    地震が起きてからは本社ビルの被害調査やら、ひび割れのチェックをしてました。
    うちの建物はギリギリ弾性域だったかなぁ(笑)

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. ちゃっぷ | URL | -

    >こゆきさん

    どうもです!
    関西圏もなんだかんだで影響でてるんですかね。。。?


    >かなたさん

    初コメありがとうございます!
    ぜひ学生のうちにたくさんの本を読んでください!
    きっと社会人になってから役に立ちます。


    >がちゃさん

    なんらかの法改正はあるでしょうね。。。
    ただ、現在の法規や基準に則ってつくられた建築の
    構造駆体自体にはほとんど損傷が無いらしいので、
    非構造材の変形追従性能なんかが問われるんじゃないかと。


    >Caayteaさん

    いざという時、マニュアルってバカにできないよね。
    静岡県の方の地震では、対策がしっかりされているから
    いろいろ対応できたようだし


    >daiさん

    ひび割れチェックって。。。地味だけど大変そうだね。
    仙台メディアテークも構造駆体は弾性域におさまってるらしいから、
    東京のビルは弾性域におさまっていてほしいね(笑




    またいつでもご相談ください。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/106-921cb63e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。