ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロからはじめる「S造建築」入門

2011年01月30日 01:33

ゼロからはじめる「S造建築」入門
原口 秀昭
彰国社
売り上げランキング: 26016



新しく出ていたので買ってみた。
内容は学部生(低学年)向けと言ったところか。。。
しかし、






最近思うんだけど、プロってのは難しい知識を備えている者のことではなく、
基礎的知識が欠落していない者を示すんじゃないかなーと。
だからその下地を整えるという意味で、読んで良かった1冊だと思っている。


んで内容はというと、
6、7割は構造的なお話。
最後の方に開口部や屋根の納まりといった意匠的なお話も出てくる。


正直に言って、最後の方の細かい納まりについて解説しているところは、
「こんなの知らねーし!」
とか思ったけど、
前半の構造的な内容が「学部生レベル」と感じたことと同様に、
意匠系の人にとってはこのような納まりについての知識は知ってて当然なのかもしれない。


そして、構造の人間が、
「この程度の知識は、建築に携わる人間だったら当たり前のように知っていてほしいよな」
と思うのと同様に、
意匠系の人間も、
「この程度の納まりは知っていて当然だよな」
って思ってるはず。


だから本書は特定の分野の人間を対象にしたものではなく、
建築系の全ての人間を対象にしていると言ってよい。
例え、構造を知らなくても、
「ゼロからはじめる」
と謳っているだけあって、理解はできるはず。


漫画チックな解説も、分かりやすく、
専門分野へ足を踏み入れる際の抵抗を和らげている気がする(笑


何度も何度も読んでほしい入門書。


関連記事


コメント

  1. タッカー | URL | Ooj.TVfs

    あけましておめでとうございます(遅)

    ん~どうなんでしょうね?
    確かに意匠系なら知ってて当たり前の納まりというのはある気がしますが、それを設計にフィードバックというか、こだわる学生が少ないと思います。黒く塗りつぶしてしまう断面図然り・・・。
    まぁ、所詮1/100で目立つ納まりなんて納まりじゃないんでしょうね。
    設計レベルの底上げはすさまじいものがありますけど、なんだかなぁ?という感じです。

    あ、ツイッターはじめたのでフォローさせていただきました!

  2. ちゃっぷ | URL | -

    >タッカーさん

    確かに設計に活かせる学生なんて皆無でしょうね。


    フォローありがとうございます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/102-c51d0a83
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。