ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジグ・ジグラーのポジティブ思考―可能性を開く6つのステップ

2009年09月21日 04:21

ジグ・ジグラーのポジティブ思考―可能性を開く6つのステップ
ジグ・ジグラー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 9724

おそらく、僕にとって初めての自己啓発系の書物。
率直な感想を言えば、初めての自己啓発本が本書だったことは、
かなり幸運だったといえる。


本書の購入に至った背景として、2級建築士製図試験の失敗というものがあった。
小さなミス、しかし、不合格を決定的なものとするミスをしてしまい、
思考がすべてネガティブな方向に向かっており、
これはまずい、と考え、本屋で目に付いたのが本書というわけだ。


こういった本を買うにあたって、購入に至る絶対的な条件は、
信じれるか、否か、という事である。
(信じることができなければ、ただの怪しい宗教みたいになってしまう。)
それを判断する条件の1つとして、過去の評価というものが挙げられる。
その点において、本書は167万1000部も売り上げた古典的名著であり、
信頼に足る。


6つのステップと題して、

1,健全なセルフイメージ
2,良好な人間関係
3,目標設定
4,正しい心構え
5,働くこと
6,熱望する力

と分けられている。


まず、僕は、1の「健全なセルフイメージ」を読んだ時点で、だいぶポジティブになれていた。
そして、3の「目標設定」においては、設定の際の具体的な注意点や、
達成する際の思考法などが書かれており、最も重要な部分であると思われる。
また、4の「正しい心構え」では、「習慣」というものについて述べられており、
こちらも興味深く、すぐに実践したい内容。


刺激的なのは、随所で、実際の成功者の例を挙げているところ。
それによって、各章の説明がなされており、
本書で述べられている事が現実的なものとして感じられる。


本書によって僕のネガティブな思考がポジティブに変わったのは事実で、
お勧めできる1冊。


ただし、ネガティブな時に読む事も有効であるけれど、ポジティブな時に読む方がより有効である、とも著者は言っている。(笑

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dchapk.blog45.fc2.com/tb.php/1-864f74cf
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。