ちゃっぷのブログ

ちゃっぷのブログ
のんびり更新していきます。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界より-アニメ化するということで

2012年02月29日 01:40

新世界より(上) (講談社文庫)
貴志 祐介
講談社 (2011-01-14)
売り上げランキング: 245



読んでいる最中、
「この内容、アニメとかだと面白いかもな~」
なんて思っていたら、アニメ化するということで、とりあえずご紹介。


最初の数十ページを読んで、
あまり面白くなくて放置していたんだけど、
その後、再び読み始めたら、どんどん惹き込まれていった。


呪力と称する魔法のような力が使えたりもしてファンタジーチックな気もするのだけど、
物語としては舞台の設定がミソになるわけで、そこらへんはSFっぽい。
でも、その物語の背景がミソになるということは、
それを描写する文章が大量に必要になってくるわけで、
個人的にはそを読むのがまた面倒くさいわけよ。
(本書に関しては、そこまで苦ではなかったけど


そんな世界観がビジュアルで表現されて、
物語の骨格が鮮明になれば、
ストレス無く楽しめるのではないかなーと思ったりしている。
なので、しっかりつくってもらえればアニメは面白いと思う。


ただ、
こういう物語は、その文字で表現された世界観を
脳内で自由に再生するのも、楽しみ方のひとつであって、
アニメーションを見る前に読んでおいても良いと思うよ!
って事を言っておきたかったわけさ。


まあまあオススメ。


スポンサーサイト

テロリストのパラソル

2012年01月09日 23:51

テロリストのパラソル (講談社文庫)
藤原 伊織
講談社
売り上げランキング: 89624



新しい本ではないけど、
直木賞及び江戸川乱歩賞を受賞しているらしい作品。
どこかで紹介されているのをみて読みたくなったので読んでみる事に。


犯人探しの話ではあるのだけど、
ヤクザ・警察・ホームレス・過去の恋人、その子供
といった人間関係が複雑に絡み合っていて、
その関係が少しずつ解かれるのがこの物語のミソだと思う。
安直に表現すれば、キャラとその過去が良い、ということかもしれない。


さらに、
それなりに派手なシーンもあったりで、
読み手を惹きつけてくる。


まあ、そうさせるのは何よりも文章力なのだと思う。
本作を評価した人達の中にもそう言う人は多い。
どんな会話においても、ほとんどが何かしらの進展があって、
無駄な話が無い故に、常に続きが気になって仕方が無い
というような状況を作り出していたと思う。


これは結構おすすめ。



All You Need Is Kill 考察

2012年01月09日 23:51

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
桜坂 洋
集英社
売り上げランキング: 2738



ハリウッドで映画化ということで読んでみた。
ループ物のお話。
最初はループ物の定番であるリプレイを読もうかと思っていたのだけど、
本作の方がサクッと読めそうだったので。


面白かったんだけど、なんかスッキリしないので、
矛盾点を挙げてみようかと。


なので、以下、完全にネタバレですのでご注意を。




[続きを読む]

ビブリア古書堂の事件手帖 1巻&2巻

2012年01月09日 23:50

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキーメディアワークス (2011-03-25)
売り上げランキング: 30

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキー・メディアワークス (2011-10-25)
売り上げランキング: 41



話題になっていたので読んでみました。
ミーハーなもんで(笑


一言で言えば、「ほんわかミステリー」だと思う。
殺人も起きず、比較的平和な日常の中での
チョットした事件や謎を、古書店の店長が解決していくというお話。


やっぱ平和な日本人は殺人なんて話は必要ないんだよ。
そしてこういうおしとやかな女性が必要なのだよ!!


まあ、サクッと読める娯楽としても
昨今のニーズに合っているんじゃないかな。
就職難という社会情勢も反映されていて、
なんとなく自身と重ねてしまうような人も多いのではないかと。


構成としては2冊とも短編のようになっているんだけど、
1冊のなかで地味に繋がっていて小さなカタルシスを味わえるはず。


メッチャおすすめってことはないけど、
チョイおすすめくらい(笑




巨大投資銀行

2011年12月03日 02:47

巨大投資銀行(上) (角川文庫)
黒木 亮
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 38200

巨大投資銀行(下) (角川文庫)
黒木 亮
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 66808



上下合わせて1000ページ以上の大作。
こんなにも非現実的な設定が無い中で、非現実的な気分を味わえる小説は無いと思う。


経済とか金の動きに興味の無い人には全く面白くないかもしれないが、
多くの人が関わることの無い超異文化の世界を覗くことができてかなり面白いと思う。


[続きを読む]

味のあるタイムトラベル物-マイナス・ゼロ

2011年08月24日 01:18




やっぱタイムマシンのお話は面白い。


[続きを読む]

いつもの朝に

2011年02月08日 00:49

いつもの朝に (上) (いつもの朝に) (集英社文庫) いつもの朝に (下) (いつもの朝に) (集英社文庫)

いつもの朝に (上) (いつもの朝に) (集英社文庫)
いつもの朝に (下) (いつもの朝に) (集英社文庫)


とても良い。
ミステリーとしても楽しめたし、
感動もののストーリーとしても楽しめた。


[続きを読む]

[映]アムリタ

2010年09月05日 07:28

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
野崎 まど
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 139363


サクッと読める面白かった1冊。
ということでご紹介。


[続きを読む]


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。